アップグレードしました

/etc/apt/sources.list
etchをlennyに書き換えて
telinit 1
apt-get dist-upgrade
で完了。変換はうまくいくがuim-toolbarが出てこない
変わるっぽい
http://anthy.sourceforge.jp/cgi-bin/hikija/hiki.cgi?UimLook

これは何?

Tiny predictive input method

この入力方式は、まだリリース版に含まれていません。
使い方

uim-im-switcherやuim-toolbarからLookに切り換えてください。

永続的な変更はuim-prefで設定する必要があります。 uim-prefはuim-toolbarの設定アイコンをクリックすれば起動できます。

Coreが名前から取れたのでサーバーの方のディレクトリも変更あり。なので/etc/yum.repos.d/以下のファイルを書き換え。そしてtelinit 1してifup eth0
依存エラーが出るので入れたり削除したり。
完了するもX起動せず。ネットワークにも繋がらないeth0は認識しているのでdhcpかと
ここが参考になった。
http://bbs.fedora.jp/read.php?FID=10&TID=5437

s_fox
03/18/07 15:40

編集
Re: 突然pingが通らなくなった ifconfigの結果を見る限り, FedoraのマシンがIPアドレスを持っていないようです
以下の点を確かめてみてください

1) Fedoraの設定
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
の中に
BOOTPROTO=dhcp
の行があることを確認してください
なければ適宜検索して追加したあとにrootで
# service network restart
とやってみてください

2)ルータがDHCPサーバをやっているか
いろいろな確かめ方があると思いますが, Windowsマシンで
[スタート]-[接続]-[ローカル エリア接続]-[サポート]-[詳細]
の中のDHCPサーバーが192.168.0.1になっていることを確認するのが
簡単な手段かと

3)手動でIPを与えたらうまくいくのか
rootで
# ifconfig eth0 inet 192.168.0.10 netmask 255.255.255.0 up
を実行して, Windowsマシンからpingなどが通るか試してみてください
Windowsファイアウォールのデフォルト設定ではWindowsマシン"への"pingは通らないはずですのでお気をつけください
これがうまくいったら
# route add default gw 192.168.0.1
と実行して, 外部につなげることも確認してください

なお, 手動でDHCPのアドレスを取得するには
# dhclient eth0
を実行してください

yum install dhclient
Xの方は
nvが見つからないとか怒られるので、ドライバ関連が入っていない
yum install xorg-x11-drivers
yum install gdm
あとはyum install pirutしてパッケージマネージャに任せる。
yum install cpuspeed
/dev/hd?が/dev/sd?に